AdSenseとマイクロアドの同時掲載に注意(規約違反)

カテゴリ:豆知識 タグ:
閲覧数: 2,099 views
公開日:2012年9月29日

なかなか興味深いことがGoogleグループで質問されていました。

AdSenseとマイクロアドを同じサイトや同じページに掲載する事は規約違反になるのでしょうか?

2009年時点でのものですが、意外と盲点なので今後同様のケースでも注意が必要です。
現時点でも有効そうな回答としては、「規約違反にならない事を保証するものではない」という前置きで下記のようになっています。

競合する広告とサービス ユーザーの混乱を回避するため、Google の広告または検索ボックスと同じレイアウトや色を使用している広告やサービスが表示されるウェブサイトでは、Google の広告または検索ボックスを表示できません。 サイトで広告を直接販売している場合でも、お客様の責任のもとでこれらの広告が Google 広告と混同されることのないよう注意してください。

Adsense広告ユニットとはデザインや表示される形式が一目でみて相違ある場合は規約違反にならないのですが、似通った広告デザインの場合は規約違反になります。

Google側としては、他社の広告が、あたかもGoogleの広告のように表示されることを問題視しているようです(当然ですが)。ですので、WEB制作者やアフィリエイターは、Google Adsenseと同じページにマイクロアドなど他社広告や、自社広告などを掲載する場合、しっかり区別できるよう制作するする必要があります。

しかし・・・ Google Adsense は1ページに3ユニットまでの広告制限がありますので、スペースが余っている場合に他広告を検討する必要があるのですが、クリック保証型の候補がマイクロアドしかないのはいかんせん問題点です。安すぎるんですよねぇ。1クリック1円以下なんてケースもあるのでかなりぼってるように思えてなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です