CentOS7 でのシステムロケール変更

カテゴリ:WEB技術 タグ:,
閲覧数: 1,230 views
公開日:

日本語部分が文字化け

vi で日本語含むファイルを開くと、日本語部分だけ文字化けが起こる。ファイルの文字コードがASCIIだからかなと思いUTF-8にするも解消されず。CentOS7 ってこうだっけ・・?

システムロケール変更

念のため SSH をログインし直すと、warnigが出た

locale: Cannot set LC_CTYPE to default locale: No such file or directory

よくわからないけどset-localeだけでは不十分なよう。

さらに追加設定

CentOS6 までは「/etc/sysconfig/i18n」を編集してデフォルト言語を設定していたが、「/etc/locale.conf」に変更になったらしい。というわけで、# vi /etc/locale.conf で次の内容にする

同僚と昔、とある日本語化のことを i18n って略してたせいか、この部分が変わってしまうのはなんとなくはかなさを感じたり。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA