WordPress関連でよく使うコマンド

カテゴリ:WEB技術 タグ:, ,
閲覧数: 568 views
公開日:2014年6月14日

備忘録的なブログ記事です、基礎コマンドであり定型文。
久しぶりにやろうとすると微妙なtypoがあったり…そういうときに見直すためですので、このページは思いつき次第・知り次第、追記されます。

理解終わったら応用に進めそうです。

基本操作

ディレクトリの移動

# cd /var/www/html/
カレントディレクトリの略っぽい

現在位置の確認

# pwd

データ・リソースを現在位置に配置

# wget http://ja.wordpress.org/latest-ja.tar.gz

現在位置のデータを表示

# ls -al

ファイルの解凍

# tar 2014-0614-db.sql.gz
.zip … unzip
.gz … gunzip
.tar … tar または gzip
.bz2 … bzip2

解凍できない場合は下記のようにオプションが必要な場合も
tar -xzvf 2014-0614-db.tar.gz

データを削除

# rm latest-ja.tar.gz

所有者の変更

chown -fR username:apache /var/www/html/miyanavi.net/wp-content/theme

パーミッションの変更

# chmod 777 /var/www/html/miyanavi.net/wordpress

ヒストリーの削除

history -c

MySQL関連(バックアップ関連)

データーベースのエクスポート(バックアップ)やインポート

DBのエクスポート(gz圧縮)

# mysqldump -h localhost -u user -p dbname | gzip > /var/www/backup-wp/2014-0614-db.sql.gz

DBのエクスポート(非圧縮)

# mysqldump -h localhost -u user -p dbname > /var/www/backup-wp/2014-0614-db.sql

gzファイルの解凍

# gunzip 2014-0614-db.sql.gz

データベースのインポート(復元)

# mysql -u user -p dbname < 2014-0614-db.sql

エラーチェック

# mysqlcheck -c dbname tablename -u user -p
オプション
c ... チェック(Check)
a ... 分析(Analyze)
o ... 最適化(Optimize)
r ... 修復(Repair)

MySQL関連(設定・操作)

データーベースの設定変更、再起動など

MySQLを起動

# service mysqld start

MySQLを停止

# service mysqld stop

MySQLを再起動

# service mysqld restart

MySQLクライアントの起動

# mysql -u db_username -p

最大値のチェック

mysql> show variables like '%max%';

過去の最大使用コネクション

mysql> show status like 'max%';

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です